砂漠を飛行するマッキMC210

マッキMC210

北アフリカの砂漠を飛行中のイタリア機、マッキMC210
ドイツからの技術輸入で連合国よりも先にジェット戦闘機の
配備に成功したイタリアは北アフリカ戦線で優位に戦いを
進め、結果としてスターリングラードからのドイツ軍
増援を請うことなく、ドイツはスターリングラードの消耗戦に
勝利し、そののちモスクワ陥落へと向かうことになる。
MC210は最高速度が690キロと必ずしも高速ではなかったが
重武装、強装甲で対空砲火直撃でも落ちなかった記録がある
愛称は「カルボナーラ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
I-komaru.jpg
カルボナーラはあんまりだと思います!社長
aseruna2.gif
んなコト言ったって、わしイタリア語なんて知らね〜よ。
ペペロンチーノでもいいぞ。
I-nanisore.jpg
食べもん離れてくださいよ、
それとこのヒコーキ、機種にクリップが丸見え
なんですけど....
iitai2.gif
この飛行機、機種にクリップ付けないと、飛ばないんだよ。
多少の不備はガマンしてくれたまえ。
posted by 大物社長 at 17:02| Comment(0) | イタリアの飛行機